相続/遺言手続きサポート

  • お電話でのご予約・お問い合わせは 06-6480-5730

具体的な分け方を決める

具体的な分け方を決める


 遺言書がない場合、遺産を具体的にどのように分けるかは、相続人の間で協議して決めていくことになります。この協議のことを「遺産分割協議」といいます。 遺産分割協議は、相続人が全員参加しなくてはいけません。全員で行われなかった遺産分割協議は無効となります。 ただ、必ずしも全員が一堂に会して協議するといった方法をとらなければならないわけではなく、相続人の代表者が作成した原案を持ち回りにして同意を得たり、遠隔地の相続人と書面を通じて協議してもかまいません。

 そして協議がまとまったら、その内容を「遺産分割協議書」として書面にします。 この書面には協議に参加した相続人がそれぞれ実印で捺印し、印鑑証明書を添付します。 遺産分割協議は個々の遺産についてだれが取得する権利を有しているのかを証明する書面ですので、不動産の名義変更時や銀行での預貯金の払い戻し時に、それぞれ法務局、金融機関で提出を求められます。

 さて、この遺産分割協議ですが、相続人全員で協議して決めた内容であれば、必ずしも法定相続分どおりに分けなくてもかまいません。 たとえば、自宅の不動産は長男が相続することに決め、その結果、長男の相続分が法定相続分よりもかなり多くなったとしても、相続人全員で協議して決めたのであればそれでもかまいません。 極端な話、相続人のうちのだれかの取得分がゼロになったとしても、その人も含め相続人全員で協議して決めた内容であれば何ら問題ありません。 このように説明すると「話し合いで柔軟に決めてよいのであれば簡単に済みそうだ」と思う人もおられるかもしれません。しかし、話し合いで自由に決めてよいということが、かえって協議をまとまりにくくさせることにもつながります。 法定相続分というものが法律で定められているのであれば、法定相続分目いっぱい取得したいと思う人もいるでしょうし、それどころか法定相続分どおりにならなくて良いのであればできるだけより多く欲しいと思う人もいます。

 また、遺産分割には、特別受益や寄与分といった概念も影響を与えてきます。


» 特別受益とは

悩んでいるなら、まずはご相談ください

 遺言・相続のことでお悩みなら、是非一度、専門家による無料相談をご利用ください。資格を持った行政書士が対応致します。

あなたと、あなたの家族が笑顔になりますように・・ 悩んでいるなら専門家にご相談ください… 土日対応可(要予約)


» 無料相談の流れ


【特典】『相続手続きチェックシート』

みんなでチェックして安心相続! 相続手続きチェックシート無料ダウンロード

 無料相談をご利用いただいたお客様に『相続手続きチェックシート』をプレゼント!

 基本の手続き・もらう手続き・引き継ぐ手続き・やめる手続き・法律上の手続きごとに、手続きの種類、期限(時期)、手続き先を一覧にしたチェックシートです!

 無料相談をご利用のお客様へ、特典としてお渡ししております。どうぞご活用ください。

おかげ様で予約が次々と入ってきております。スケジュールの都合がつかない場合、翌月までお待ちいただくこともありますので、早めのご予約をお勧めします。

専門家による相続の無料相談を予約する!
06-6480-5730 (受付時間 平日10:00~19:00)
あさがお前田行政書士事務所
あさがお前田行政書士事務所
代表者 :行政書士 前田研也
所在地 :兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番2号
     塚口さんさんタウン2番館2F
TEL :06-6480-5730
FAX :06-6480-5830
営業時間:10:00~19:00 (メール、FAXは24時間受付)
定休日 :土曜・日曜・祝日 (予約頂いた場合は対応可)