相続/遺言手続きサポート

  • お電話でのご予約・お問い合わせは 06-6480-5730

よくある質問 (相続について)


相続について

遺産分割に期限はありますか?
遺産分割に期限はありません。ですから、亡くなった人の遺産が長年にわたり未分割のままになることもあります。気を付けなくてはならないのは、遺産分割をしないままに相続人の誰かがが亡くなると、二次相続が発生し、手続きが通常よりもかなり煩雑になるということです。

INDEXへ戻る

相続税の申告期限までに遺産分割協議が整わない場合は?
相続税の申告期限までに遺産分割協議が整わない場合は、遺産を法定相続分で相続したものと仮定して計算し、税務署に申告することになります。

INDEXへ戻る

遺産がどれくらいまでなら、相続税を払わなくてよいのですか?
相続税の計算をするうえで、基礎控除額が、3千万円+600万円×法定相続人の数と決められています。ですから、相続財産がこの金額を超えない場合は相続税はかからないことになります。

INDEXへ戻る

養子の数を増やせば節税できますか?
いいえ、相続税の計算をする際は、法定相続人の人数に含める養子の数は、被相続人に実子がいる場合は1人まで、被相続人に実子がいない場合は2人までと決められております。それ以上養子がいても基礎控除額が増えることはありません。

INDEXへ戻る

内縁の妻ですが、遺産を受け取ることはできませんか?
法律上の配偶者でない『内縁の妻』は、相続人ではないため遺産を受け取ることはできません。しかし、故人に相続人が一切存在しない場合は、内縁の妻など故人の特別縁故者にあたるものは、家庭裁判所に相続財産分与の申立てをすることで、遺産を受け取れる場合があります。

INDEXへ戻る

相続放棄をした場合、生命保険金も受け取れないのですか?
生命保険金や死亡退職金は、故人の死亡により受取人と指定された人が受け取るお金であり、故人の遺産という扱いではありません。よって、相続放棄をした場合でも、通常は生命保険金は受け取ることができます。

INDEXへ戻る

父は借金が多いので、父の生前に相続放棄をすることはできますか?
家庭裁判所への相続放棄手続きは、被相続人の生前にはすることができません。

INDEXへ戻る

特別受益の持ち戻しとは何ですか?
特別受益の持ち戻しとは、相続人の中に被相続人から遺贈を受けたり、高額な生前贈与を受けた者があるときに、相続人間で不公平とならないように、遺贈や生前贈与財産の額を含めて遺産の総額を計算し、各相続人の相続分を決めることです。

INDEXへ戻る

多額の特別受益がある場合、遺産分割時に返却が必要ですか?
遺贈や生前贈与等で得た金額が既に法定相続分を超えている場合、超えた分について返却する必要まではありません。

INDEXへ戻る


» よくある質問(遺言書について)


悩んでいるなら、まずはご相談ください

 遺言・相続のことでお悩みなら、是非一度、専門家による無料相談をご利用ください。資格を持った行政書士が対応致します。

あなたと、あなたの家族が笑顔になりますように・・ 悩んでいるなら専門家にご相談ください… 土日対応可(要予約)


» 無料相談の流れ


【特典】『相続手続きチェックシート』

みんなでチェックして安心相続! 相続手続きチェックシート無料ダウンロード

 無料相談をご利用いただいたお客様に『相続手続きチェックシート』をプレゼント!

 基本の手続き・もらう手続き・引き継ぐ手続き・やめる手続き・法律上の手続きごとに、手続きの種類、期限(時期)、手続き先を一覧にしたチェックシートです!

 無料相談をご利用のお客様へ、特典としてお渡ししております。どうぞご活用ください。

おかげ様で予約が次々と入ってきております。スケジュールの都合がつかない場合、翌月までお待ちいただくこともありますので、早めのご予約をお勧めします。

専門家による相続の無料相談を予約する!
06-6480-5730 (受付時間 平日10:00~19:00)
あさがお前田行政書士事務所
あさがお前田行政書士事務所
代表者 :行政書士 前田研也
所在地 :兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番2号
     塚口さんさんタウン2番館2F
TEL :06-6480-5730
FAX :06-6480-5830
営業時間:10:00~19:00 (メール、FAXは24時間受付)
定休日 :土曜・日曜・祝日 (予約頂いた場合は対応可)