相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 相続とは

アイコン「花」 相続とは

相続とは

 相続とは、人が亡くなったときに、その人の財産的な地位(権利・義務)を親族など一定の立場の人が受け継ぐことをいいます。 ここで用語の説明をしますが、亡くなった人のことを「被相続人」、それに対して、財産を受け継ぐ人を「相続人」といいます。 そして、財産的な地位について、権利、義務としているように、債務など被相続人の財産的な義務も相続の対象となります。プラスの財産だけを相続の対象とし、マイナスの財産は相続の対象から外すなんてことはできません。

 また、相続は被相続人の死亡と同時に開始します。特定の財産について一時的にでも所有者が存在しない状況にならないよう、相続は被相続人の死亡と同時に開始し、遺産は、一旦、相続人ら全員の共有財産という位置づけになります。 その後、個々の遺産について、相続人らの間で分割していくことになると思いますが、各相続人が取得する遺産の名義変更なども含め、具体的な手続きは当事者たちで行っていかなくてはなりません。

 では、遺産の名義変更や、払い戻しなどのいわゆる相続手続きは、どのように進めていけばよいのでしょうか。