相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 相続争いは一般家庭ほど

アイコン「花」 相続争いは一般家庭ほど

相続争いは一般家庭ほど

 ここに、相続争いは一般家庭ほど多いということを示すデータがあります。このグラフは、遺産相続について当事者間で争いとなり家庭裁判所に申し立てられた調停等の成立件数を、その遺産の額別にグラフにしたものです。 これを見ると、なんと5000万円以下の遺産で揉めていケースが全体の75パーセントにものぼります。
 お金持ちはそもそも相続対策をしているから争いになることが少ないなのか、一般家庭の人はもらえる額の過多が自身の生活に与える影響が大きいから揉めやすいのか、そのへんの理由はよくわかりませんが一般家庭ほど揉めているという事実に変わりはありません。