相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 相続手続きの大まかな流れ

アイコン「花」 相続手続きの大まかな流れ

相続手続きの大まかな流れ

 遺言書がない場合、遺産相続手続きの流れは上の図のようになります。

 まず、相続人は誰なのか、相続人の範囲を確定させるための調査を行います。 相続人の確定調査は、被相続人の戸籍を元に行うことになります。 具体的には、被相続人の死亡の記載のあるものから、被相続人の出生時のものまで、順に全ての現在戸籍、改正原戸籍、除籍等を収集し、身分関係を確定していきます。 古い戸籍で、廃棄や、戦火、天災により消失等の理由で現在では残っていないような場合は、その旨の証明書が必要になります。 この相続人の確定作業は、たとえ頭の中で相続人の範囲が把握できている場合であっても、必ず相続関係が確認できるすべての戸籍類を収集しなければなりません。後に不動産の名義変更や預貯金の払い戻しの際にも証明書類として必要になります。 あと、戸籍の請求は住所地ではなく、本籍地の市区町村にに対して行う必要があります。よく、市役所の市民課窓口で「住所は○○市でも本籍地が○○市でないのならここでは戸籍は出ませんよ。本籍地はどこですか?本籍地に請求してください」と係の人に言われ戸惑っている人を見かけることがあります。 被相続人の本籍地も婚姻や転籍等により過去に何度も移動していることもあるので、これらを順番に調べながら戸籍類を収集していく作業は思っている以上に大変です。

 相続人の範囲が確定できたら、今度は相続の対象となる遺産の範囲の確定していく必要があります(実際は同時に進めていくことが多いです)。

 相続人が確定し、遺産の範囲が確定したら、それぞれの遺産を具体的にどのように分けるのか、相続人の間で分割協議を行います。そして、協議が整ったら、各遺産をそれぞれの相続人の名義へと変更していく流れとなります。

 では、そもそも被相続人とどのような関係の人が相続人となるのでしょうか。