相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 遺留分とは

アイコン「花」 遺留分とは

遺留分とは

 遺言書をつくるに際して、遺留分のことも知っておかなくてはなりません。 遺留分とは、特定の相続人に対して、最低限度に保証された一定割合の遺産のことをいい、遺言よりも優先されます。 遺言内容というのは遺言者の自由ではありますが、極端な話、遺言者が自身の財産のすべてを家族とは関係のない第3者にすべて与えるような遺言書を残したとしたら、それにより残された家族の生活が困窮するような事態になることもあります。 ですから、たとえ財産の全てを相続人以外の第三者に与える内容の遺言書が書かれていたとしても、残された家族のために一定の取り分を確保しようと設けられているのです。

 注意が必要なのは、誰かの遺留分を侵害する内容の遺言書もただちに無効というわけではなく、有効であるということです。遺留分を侵害されている者が遺留分を取り戻すかどうかはその者の自由となります。 遺留分を侵害されている者が「自分には遺留分があるから絶対にもらう!」との立場をとるか「いや、親父がのこした遺言なら、自分はその内容を尊重する」といった立場をとるのかによって、遺言書どおりになるのかならないのかが左右されます。 つまり、遺言書が誰かの遺留分を侵害している場合は、死後に遺言書の内容どおりに実現されるのかされないのか、そのときになってみないとわからないといった不安定な状況に置かれるということです。 遺言書をつくるときは、遺留分のことも考慮したうえで内容考えていく必要があります。