相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 代襲相続とは

アイコン「花」 代襲相続とは

代襲相続とは

 代襲相続とは、相続の開始以前に被相続人の子あるいは被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格などによって相続権を失った場合に、その者の子らが代わって相続することを言います。

 例を挙げます。もし夫が亡くなった場合、相続人は妻と子(ここでは長男)になります。 しかし、一人息子である長男は夫が亡くなるより前に既に亡くなっていた。 この場合、本来でしたら、血族相続人の第1順位、子がいないわけですから、第2順位の直系尊属が相続人になるはずです。 しかし、実は亡くなった長男には子供、つまり被相続人の孫にあたる者がいた、この場合は、第2順位の直系相続が相続人になるのではなく、孫が長男の相続権を引き継いで相続人になるのです。これを代襲相続といいます。 このように、状況によっては、被相続人の孫や甥、姪が相続人になることがあるのです。

 さて、上で「相続欠格」という言葉が出てきましたが、相続欠格とは何でしょうか