相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 相続欠格とは

アイコン「花」 相続欠格とは

相続欠格とは

 相続欠格とは、相続において特定の相続人につき不正な事由(相続欠格事由)が認められる場合に、その相続権が失われることです。 わかりやすく言うと、相続に関して自分が利益を得たいがために悪事を働いた相続人は、相続人としての権利を失ってしまうということです。

 では、相続人から相続欠格になった者が出たケースも含め、相続人が存在しなくなった場合はどうなるのでしょうか。