相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 揉めない相続の準備をしよう

アイコン「花」 揉めない相続の準備をしよう

揉めない相続の準備をしよう

 死後の様々な手続きは、残された誰かがやらなければなりません。少しでも残された人の負担にならないように、相続を含めた死後の手続がスムーズに進むようあらかじめ準備をしておくのが賢明です。

 まず最初に行うことは現状の把握です。自身やご家族の誰かが亡くなったとき、その人名義になっている財産には何があるのか、そして法定相続人は誰になるのか。 次に考えることは、揉めないための相続対策です。揉めないための相続対策としてまず検討するのは遺言書の活用です。 具体的にどのように進めていけばよいのかわからないときは専門家に相談すべきです。専門家は今までにいろんな事例を見てきていますので、きっとよい方法に導いてくれると思います。

 最後に、覚えておいていただきたいのは、認知症になってしまったら遺言書は作ることはできないということです。認知症で意思能力がないと判断されるような状況になってしまったら自筆証書遺言であれ公正証書遺言であれもう作ることはできません。 揉めない相続の準備は、頭も体も元気なうちに始めましょう。