相続・遺言手続き相談

相続・遺言 手続き相談 ホーム > 遺言がある場合の相続方法は

アイコン「花」 遺言がある場合の相続方法は

遺言がある場合の相続方法は

 遺言とは、遺言者が、自分の死後の財産の処分方法などを示した、最後の意思表示のことです。相続の際、有効に成立している遺言書がある場合は原則としてその内容に従わなければなりません。 つまり遺言書は法定相続よりも優先されるとこいことです。

 では、遺言書でどのようなことを決めることができるのでしょうか。